男女

管理会社と手を組んで空き家を管理しよう|不動産価値をキープ

借りた土地の権利を売買

相談

地主との信頼関係が重要

借地のトラブルで多いのが借地権の売買に関するものです。例えば交通アクセスの便がよくて周辺環境もよい土地の借地権を持っているとします。しかし相続人がいない場合は手放すことになります。このような場合は地主に買い取ってもらうのが一般的です。この時に気をつけたいのが相談相手の選び方です。安心できるのは借地権の売買を多く取り扱っている法律事務所か、借地権の売買実績のある不動産会社です。このような所に相談すれば、地主への売却もスムーズに進みます。経験のない不動産会社に相談すると、地主との交渉が決裂して信頼関係が崩れる恐れがあります。借地権の売買に関する相談では、売却価格が重要になります。あまり法外な値段にすると地主との交渉はうまくいかないのです。大事なことはいきなり売買交渉に入るのではなく、借地権を売りたい旨を事前に伝えて良好な関係を築いておくことです。借地権の価格は更地の70パーセントというのが一般的です。しかしそれは数字上のことなので、実際の交渉では地主との相談によって決まってきます。初めから弁護士などを立てて一方的に買取値段を押しつけるのではなく、きちんと交渉できる不動産会社や法律事務所を選ぶことが必要です。また、地主に無断で第三者に借地権を譲渡するのは違法行為になります。いくら良い値段で買い取る客が現れたとしても、事前に地主の承諾を得る必要があります。これらのことを相談するためにも、不動産会社や法律事務所を決めておきます。

Copyright © 2017 管理会社と手を組んで空き家を管理しよう|不動産価値をキープ All Rights Reserved.